みなし認定移行サポート

太陽光発電システムを設置されたお客様へ
これから設置を控えているお客様へ

再生エネルギーの固定買取制度が今年度より変わり、平成21年7月以降に、同制度にて設置したお客様も、新制度へ移行手続きが必要になりました。 新制度への移行手続きをしないままですと、太陽光発電の売電ができなくなる可能性もありますので、ご注意願います。 新制度への移行手続きは、当社が無償で実施いたします。なお、お客様には手持ちの資料をご用意いただくなどのご協力をお願いすることがございます。 また、移行手続きの期限が平成29年9月30日となっておりますでの、皆様のご協力をお願いいたします。
みなし認定移行サポート

太陽光の認定取消を回避する手続きと義務

改正FIT法のもと、「みなし認定」の事業計画の受付が2017年4月1日から始まりました。 旧FIT法で設備認定を取得し、接続契約を済ませた人は「再生可能エネルギー新制度移行手続代行センター」へ事業計画を提出しなければなりません。この「改正FIT法」と呼ばれる制度変更によって、太陽光発電を設置済みの人も、これから設置を予定の人も、新たに手続きや義務が発生するのです。 又、期日(2017年9月30日)迄に事業計画の提出をしないと、売電単価の契約取消しとなってしまう可能性もあるので注意が必要です。しかしながら、具体的な手順や必要な書類がわからずお困りの方も多いのではないでしょうか?
みなし認定移行サポート
改正FIT法のもと、「みなし認定」の事業計画の受付が2017年4月1日から始まりました。 旧FIT法で設備認定を取得し、接続契約を済ませた人は「再生可能エネルギー新制度移行手続代行センター」へ事業計画を提出しなければなりません。この「改正FIT法」と呼ばれる制度変更によって、太陽光発電を設置済みの人も、これから設置を予定の人も、新たに手続きや義務が発生するのです。 又、期日(2017年9月30日)迄に事業計画の提出をしないと、売電単価の契約取消しとなってしまう可能性もあるので注意が必要です。しかしながら、具体的な手順や必要な書類がわからずお困りの方も多いのではないでしょうか?
みなし認定移行サポート
お客様宛に移行手続きのご案内葉書を送付します。(順次)
お客様への電話、もしくは訪問で内容の確認をさせていただき、移行手続き代行の許可をいただきます。
代行手続きの許可をいただいたうえで、移行の処理を行います。
※移行手続き対応に関しては順次更新中です。ご不明な点等ございましたら弊社宛迄ご連絡お待ちしております。