ご利用ガイド GUIDE

非常時の安全対策

ガスに関する非常時でお困りの際は、お気軽にご連絡ください。

ガスの臭いがしたら、ガス警報機がなったら

1着火元となる火や火花が出るもの(マッチ、ライター、煙草など)には絶対手を触れないでください。

2換気扇・電灯などのスイッチは火花が出ます。「切る」こともしないでください。

3窓や扉を大きく開けてください。LPガスは空気より重いため、低いところにたまったガスにもご注意ください。

4すべてのガス栓、器具栓を閉めてください。

5容器バルブも閉めてください。(時計回りでしまります)

6中央セントラルガスまたは保安機関に連絡をしてください。連絡の際は氏名、住所、状況などをお知らせください。点検を受けるまではガスを使わないでください。

故障と思ったら

ガスメーターが異常を検知した可能性があります。ガスメーターの復帰操作を行ってください。

メーターの復帰方法はこちら

地震のときは

ガス栓と器具栓を閉めて、火をすべて消してください。
二次災害防止のため、揺れが大きいときは、おさまった後で戸外の容器バルブも閉めてください。
(時計回りで閉まります)

火災のときは

容器バルブを閉めて、消防署員などに容器の位置を知らせてから処理を頼んでください。

※異常があった場合は至急、中央セントラルガスまたは保安機関へ、氏名、住所、状況などをご連絡ください。

※災害後に再びガスを使うときは、必ず中央セントラルガスまたは保安機関の点検を受けてからお使いください。

このページのTOP ヘ

ご利用ガイド

  • 非常時の安全対策
  • メーター復帰方法
  • 機器取り扱い方法