新エネルギー

セントラルガスグループが提案するダブル発電システム

震災以降、電力不足問題や電気料金引き上げ等により関心が高まる太陽光発電システム。
昨今は余剰電力買取制度に注目が集まり導入が加速しています。
セントラルガスグループでは、ご家庭で使用いただいておりますLPガスで発電するエネファームとの組合せ、ダブル発電システムをダンゼンお勧めします。

その理由は、ご家庭の電力購入量を減らすことはもちろんですが、太陽光発電システム単体では、せっかく発電した電気をご家庭で使用してしまい、電力会社に売電量が減ってしまいます。そこで太陽光発電システムが稼動する日中の電力をエネファーム発電で賄うことにより太陽光発電の電気の売電量が増えるのです。

  • 太陽光発電
  • エネファーム
  • 太陽熱温水システム

太陽光発電

住宅用太陽光発電は屋根の上に設置した太陽電池パネルで電気を発電し、家庭の電化製品を利用するシステムです。昼間など家庭で使い切れず余った電気は、電力会社に売ることができます。夜間や発電量 が不足するときは今まで通り、電力会社から電気を買います。この運転はすべて自動で行われます。

太陽光発電でこんなにいいこと!

電気代節約で家計にやさしい
太陽光発電でまかなった電力をご家庭で優先的に使うことができます。昼間太陽が出ている間は、太陽電池で発電した電気により、テレビや冷蔵庫、エアコンなどの電化製品を使用することができ、もし消費電力よりも、発電量が多ければ、その間の電気代はかかりません。このシステムは、自動で行われるため、特に面倒な手続きもなく、気軽に節約対策が続けられます。

余った電気は電力会社が買い取ります
発電できない夜間や雨・曇りなど発電量が少ないときは、従来通り電力会社から電力を買う必要がありますが、逆に、日中に発電し余った電力は電力会社が買い取ってくれます。このやり取りはすべて自動的に行われ、特別な操作は不要です。買った分の電気代は月ごとに電力会社に支払い、売った分の電気代は利用者の銀行口座に振り込まれる仕組みとなっています。

このページのTOP ヘ

  • 太陽光発電
  • エネファーム
  • 太陽熱温水システム

エネファーム

ガスで電気とお湯をつくる。マイホーム発電「エネファーム」

発電しながらお湯も作るエネファームは、従来の大規模発電に比べて約2倍のエネルギー効率。発電するたびに生まれるエコなお湯を利用することで、お風呂や床暖房、浴室暖房など、さまざまな快適設備を利用することができます。
「省エネした分、快適に暮らせる」そんな賢い生活を実現します。

エネファームとは

LPガスから水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させ、水の電気分解の逆の原理で発電するシステムです。化学反応の際に発生する熱を回収して給湯に利用する、コージェネレーションシステムなので、排熱利用のない火力発電所に比べて高い総合効率が期待できます。
発電効率が高いSOFCと、排熱回収効率が高いPEFCがあり、発電効率は最大45%※1、排熱回収効率をあわせた総合効率は最大94%※1にもなります。

水素と酸素の化学反応で、電気と熱が発生

エネファーム1台で
どれくらいの電気が賄える?

エネファームの定格出力は700Wです。つまり、1時間につき最大700Wh(0.7kWh)発電します。
700Wはおよそ、冷蔵庫、TV、そして照明4台をあわせた消費電力に相当します。一般的な家庭での電力消費量の約70%※2を賄うことができます。

エネファームがある家の一日

1日の生活パターンを覚える学習機能により、使いたいときにあわせて電気とお湯を提供します。
電気を使用する時間にあわせて発電し、発電時に電池本体から発生する熱を回収して水を温めます。お湯は貯湯槽に貯めておき、夜の入浴時間に満タンになるように運転します。1日に使うお湯の量にあわせて発電するので、ムダがありません。
また、急にお湯が必要になった時は、バックアップ用の給湯器が作動するので、湯切れの心配もありません。

エネファームがある家の一日

※1 2012年4月時点で販売されている商品の定格効率です。
※2 実際にどれだけの電力が賄えるかは、ご家庭ごとの電気と給湯の使用状況よって異なります。

このページのTOP ヘ

  • 太陽光発電
  • エネファーム
  • 太陽熱温水システム

太陽熱温水システム

給湯機器などの燃料費を大幅に節約、環境と家計に強い味方。

太陽熱温水システムの集熱効率(エネルギー変換効率)は約50%。
エネルギー変換効率が高いためCO2削減効果も大きく、6m2の太陽熱温水システムの場合244kg-CO2の削減効果があり1世帯あたりのCO2排出量の約1/4を削減。

給湯能力にも優れ、環境にやさしい快適生活を実現します。

このページのTOP ヘ

商品案内

  • LPガス
  • 各種機器
  • 生活関連商品
  • 新エネルギー
  • リフォーム
  • 空調設備
  • 融雪設備