企業情報

環境への取り組み

環境への取り組み

「より快適」になった私たちの生活、「より便利」になった私たちの社会、しかし、そうした経済・社会の発展の影で地球環境問題は、ますます深刻化しています。
子供たちの世代にも「大きな負の遺産」として残しかねないこの重大な問題のために、たとえ微力でも何か行動を起こしたい。

  • セントラルガスグループでは、こうした思いから、環境方針を掲げ、CO2をはじめとする温室効果ガスの削減のための取り組みを行っています。また、より環境に良い商品を取扱い、環境に良い暮らしを提案していきます。本年度も、

    1. 省エネルギーの推進
    2. 環境良品の販売
    3. LPガス・灯油の漏洩事故・火災事故ゼロ活動
    4. リサイクルの推進による廃棄物の削減
    5. エコドライブの推進
    6. 環境に関する情報の発信
    7. 社員の環境活動

    など、環境保全に向けた取り組みを推進し、エネルギーと環境の調和を目指していきます。

環境方針

セントラルガスグループは、創業以来、「エネルギーをもって社会に貢献する」を経営理念としてまいりました。
今、地球環境の保全という大きなテーマに直面し、「暮らしのまん中にいつも」をモットーとして、環境保全への貢献を目指し、クリーンエネルギーであるLPガスの普及拡大と、新たなサービスの提供、新分野の技術開発に取り組みながら、お客様の暮らしと社会と共に、歩み続けています。

  1. 環境に関わる法規制及び、セントラルガスグループが同意するその他の要求事項を順守します。
  2. 高圧ガス・危険物の安全管理を徹底し、万一の事故発生に備えた事前対策を立てることで、事故による環境汚染を防止します。
  3. 事業のあらゆる側面で、省資源・省エネルギー、廃棄物の削減に積極的に取り組みます。
  4. 事業活動による環境負荷の低減のため、CO2の排出量の削減に取り組みます。
  5. 環境目的・目標を定め、これを見直すことにより、継続的改善と汚染の予防の実行に努めます。
  6. 環境方針を従業員に周知し、外部の利害関係者にも公開します。

セントラル石油瓦斯株式会社
代表取締役社長 久保 秀樹